おじいさんの元気な姿が見れました

南国に住む私のおじいさんは、太陽光発電の設備を自宅に持っています。晴れた日などは屋根がピカピカ光ってとても目立つ家に住んでいます。先日、久しぶりにおじいさんに会いに行ってきたのですが、太陽光発電のことをとてもうれしそうに話してくれました。なんでもこの発電方法を使用してから、電気代がとても安くすむようになったということです。住んでるところが九州の外れの田舎なので、家も物凄く広く、当然屋根面積も広大なので、かなりの量の電力を生み出してくれるということです。そんな、話を生き生きと話してくれて、私はとてもうれしかったです。おじいさんは一時期、病気になり入院していたので、心配だったのですが、今はしっかり治って元気になってくれてほんとに良かったです。今度の連休に近くの山に登りにいくらしく、色々と準備しているおじいさんはとても健康そうにみえました。